教育センターの今

所報ふくしま「窓」176号Web版を発行しました

このたび当教育センターでは、所報ふくしま「窓」176号を発行しWebサイト上に掲載いたしました。

(↓こちらをクリックしてご覧ください)

所報ふくしま「窓」176号

掲載内容は以下の通りです。

(1) 巻頭言「-温故知新-」  研究・研修部長 味原 正美
(2) 「総合的な学習の時間における情報モラル教育について」
(3) 「『生徒指導上の諸課題に関する調査』結果から見えるもの」
(4) 「長期研究員の研究紹介」
(5) 「平成30年度福島県教育研究発表会(御礼)」
(6) 「来年度の研修講座から」

たくさんの皆さんに御覧いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

【専門研修】アクティブ・ラーニングにつながる英語指導講座

10月25日と26日の2日間にわたり、英語科における「主体的・対話的で深い学び」の研修を行いました。

 研修者の先生方が日頃感じている課題について共有した後、中学校と高等学校の英語科における「主体的な学び」「対話的な学び」「深い学び」とはそれぞれどのようなことを表しているかについて知識で確認を行いました。また、言語学習を中心とした授業と内容学習を中心とした授業のそれぞれを模擬授業として行い、「主体的・対話的で深い学び」をアクティビティを通して理解を深めました。

 その後、東北学院大学教授の村野井仁先生を講師としてお招きし、「主体的・対話的で深い学びを促す領域統合型の英語授業」と題して講義をいただきました。村野井先生のご講義は模擬授業を中心とした実践的なもので、体験的に学び取ることができる貴重な機会となりました。PCPP,ESA,などの指導法について理解を深め、評価についても研修を行いことができました。

 

 

 

 

 

 

 授業を組み立てるアイディアを豊富に得たところで、リーディングを基にした表現活動というテーマで学習指導案を作成しました。

 

 

 

 

 

 

 最後に、作成した学習指導案を模擬授業を行うことで全員で共有して互いに学び合い、有意義な研修を結びました。

【専門研修】科学的な自然観を育む高等学校理科講座

 10月18日(木)~19日(金)に、教育センターにおいて「科学的な自然観を育む高等学校理科講座」が開催され、県内各地から12名(高等学校11名、特別支援学校1名)の先生方が受講されました。
 本研修では、「主体的・対話的で深い学び」の視点を取り入れた物理、化学、生物、地学に関する観察・実験や授業づくりが行われました。

   

<研修者の声>
・「刺胞動物の解剖と形態」の講義・演習では、ヒドラを実際に観察し、貴重な体験ができました。生徒たちにも実物を見せることの大切さを改めて感じました。
・「月の縦孔・地下空洞とは何か」の講義では、月の地下空洞についてほとんど知らなかったので、とても興味深く勉強になった。
・授業づくりでは、同じ単元であっても、教員により、その展開が異なることを改めて知ることができ、様々な意見交換もできて、今後の参考となった。 

【専門研修】授業力向上のためのICT基礎講座(県立系)

 10月2日(火)に、教育センターにおいて「授業力向上のためのICT活用基礎講座(県立系)」が開催され、県内各地から14名(高等学校14名)の先生方が受講されました。
 ICT機器や授業に役立つアプリの基本的な操作について、実際にタブレット端末とプロジェクターを使用して演習を行いました。また、授業づくりに生かせる効果的なICT活用についてワークショップ形式で意見交換を行いました。
  

 

 

 

 


<研修者の声>
・ワイヤレス接続、カメラアプリなどの具体的な操作方法を学ぶことができ、活用する意欲が高まりました。
・ICTの良さとデメリットを念頭に置き、インパクトのある授業を考えることができました。
・様々なアプリを教えて頂き、そこまでICT活用を苦にすることなく取り組めそうな気がしました。明日からいろいろと実践してみたいと思います。
・実践的であり、自分の課題が解決できる研修でした。今日のみで満足せずに現場での日々の実践に努めていきたいです。
 

情報処理・パソコン 【専門研修】校務処理に生かす表計算(統計分析)講座

 9月25日(火)、教育センターを会場に「校務処理に生かす表計算(統計分析)講座」が実施されました。県内各地から24名(小学校5名、中学校5名、高等学校13名、特別支援学校1名)の先生方が受講されました。研修はExcel2016のマルチシート・グループ集計・ピボットテーブル・マクロなど、校務の効率化に生かせる実践的な内容で、先生方はそれぞれの校務をイメージしながら、真剣に取り組んでいました。

        

<研修者の声>

○自分が知らないExcelの便利な機能を学ぶことができました。何度も繰り返して定着を図りたいです。

○自己流でやっていたことが、実際はもっと効率的にできる事がわかった。学校に戻って先生方に伝達したい。

○どの講義内容も、今やろうとしているものにとても関連していて有意義な研修でした。

○ピボットテーブルなど難しいという先入観だけで判断していたが、研修を通して払拭できた。是非校務処理で活用・実践していきたい。

所報ふくしま「窓」175号Web版を発行しました

このたび当教育センターでは、所報ふくしま「窓」175号を発行しWebサイト上に掲載いたしました。

(↓こちらをクリックしてご覧ください)

所報ふくしま「窓」175号

掲載内容は以下の通りです。

(1) 巻頭言「教育センターの今」  所長 加藤 知道
(2)  調査研究チームからの発信
   「高等学校におけるアクティブ・ラーニングの視点を生かした学習指導の在り方」
(3) 教員研修チームからの発信
(4)  専門研修の紹介
    情報教育チームからの発信「G Suite for Educationを活用しよう」
(5) 平成30年度福島県教育研究発表会(案内)
(6) Webサイトリニューアルのお知らせ

たくさんの皆さんに御覧いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

【専門研修】授業力向上のためのICT基礎講座(義務系)

 9月5日(水)に、教育センターにおいて「授業力向上のためのICT活用基礎講座(義務系)」が開催され、県内各地から11名(小学校7名、中学校4名)の先生方が受講されました。
 ICT機器や授業に役立つアプリの基本的な操作について、実際にタブレット端末とプロジェクターを使用して演習を行いました。また、授業づくりに生かせる効果的なICT活用についてワークショップ形式で意見交換を行いました。

                      

<研修者の声>
・各教科の事例を見て、ICTの良いところ、そうでないところに気づくことができた。また、グループで協議することで多面的に考えることができた。
・ICT機器に苦手意識がありますが、いろいろな事例、具体的な操作法、他の先生方の様々な考え方等にふれることで、実際に授業に取り入れ試行錯誤しながら慣れていきたいと思いました。
・機器の操作方法や活用方法などを再確認でき、授業でのICT活用の幅が広がったので、とても勉強になりました。

情報処理・パソコン 【専門研修】グループウェアで活用するG Suite実践講座

 8月23日(木)に、教育センターにおいて「グループウェアで活用するG Suite実践講座」が開催され、県内各地から24名(小学校2名、中学校1名、高等学校19名、特別支援学校2名)の先生方が受講されました。
 G SuiteのアプリであるClassroomやカレンダー、ドライブ、フォームなどの活用方法を学び、それぞれのコンテンツをまとめたグループウェアサイトの構築を行いました。G Suiteを活用した各校の校務の効率化につながる、充実した研修となりました。

  


<研修者の声>
・G Suiteの特徴やClassroom等の有効なアプリの使い方を理解することができ、より校務を効率的に進めるためのヒントをいただけました。
・G Suiteを活用することで、幅広い分野において効果を期待できると感じました。
・漠然と様々な機能があることは知っていたが、具体的な設定方法や設定上の注意点が分かった。

【専門研修】小学校外国語活動講座

 8月9日(木)、教育センターにおいて、小学校外国語活動講座が行われました。県内から23名の小学校の先生方が参加されました。国見町立国見小学校の阿部淳子先生と国見町教育委員会英語特別講師のオスタフィエブ由香先生によるティームティーチングの模擬授業を通して、ALTとの連携や授業の実際について授業力を高めました。

 

午後から青山学院大学教授のアレン玉井光江先生を講師にお招きし「外国語活動・外国語における効果的な指導の在り方」と題して、児童へのリタラシー教育と新教材の活用方法について研修を行いました。教室ですぐに活用できるアイディア豊富な講義でした。

【自主講座】こどものためのワークショップ「ロボット講座」

  8月18日(土)、教育センターを会場に「子どものためのワークショップ ロボット講座」を行いました。県内の小中学生とその保護者26名が参加し、LEGO mindstorms EV3を使って、自走式のロボットを組み立てたり、試行錯誤してプログラムを作成したりしながら、ロボット制御の基礎を学びました。今年度も福島県情報産業協会の方々にお手伝いいただき、親子で楽しみながらプログラミングを学ぶ講習会となりました。

     

【専門研修】はじめての G Suite 基礎講座

8月9日(木)に、教育センターにおいて「はじめての G Suite 基礎講座」が開催され、県内各地から21名(小学校2名、中学校2名、高等学校15名、特別支援学校2名)の先生方が受講されました。
G Suite の概要説明やG Suite for Education のアプリであるメールやカレンダー、ドライブなどの使い方について学び、校務処理での活用を高めるための充実した研修になりました。 

  

<研修者の声>

○ もっと多くの人がこの知識をもつことで、より一層仕事が効率よくできると感じました。

○ いつも使っている G Suite であったが、本当にこの使い方で良いのか不安であった。今回の研修により、自信をもって学校で使って行きたいと思う。
○ すでに利用していたが、使用していない便利な機能がたくさんありました。
○ 通常の校務だけでは知ることができないことがあり、とても勉強になりました。

4技能の向上につなげる英語科言語活動の指導と評価実践

 7月5日~7月6日に「4技能の向上につなげる英語科言語活動の指導と評価実践講座」が実施されました。今回は発信技能の言語活動について理解を深めました。研修に参加された先生方が日ごろの実践の中で感じていらっしゃる課題を共有し、議論を深める中で解決方法を探りました。

 また、東京家政大学教授の太田洋先生を講師にお招きし、「発信技能を高める言語活動の指導と評価の在り方」と題して講義をいただきました。スピーキングのメカニズムを理解し、指導や活動がメカニズムのどの部分の向上につながるのか考えることができました。また、TBLTの考え方や方法についての理解を深め、新たな指導の方法を探ることができました。そして、評価については「正確さ」や「流暢さ」だけでなく、範囲や一貫性、交流などの視点を学ぶことができました。

 参加された先生方はこれまでの実践を振り返るとともに、教科指導の理論に裏打ちされた学習指導案づくりにじっくりと取り組まれていました。

【専門研修】情報モラル教育指導者実践講座

 7月6日(金)、教育センターを会場に「情報モラル教育指導者実践講座」が実施されました。県内各地から13名(小学校3名、中学校5名、高等学校4名、特別支援学校1名)の先生方が受講されました。インターネットの現状を理解し、子どもたちに情報モラル・情報リテラシーを身に付けさせるために、「楽しいコミュニケーションを考える」、「ルール作り」などの講義・ワークショップに熱心に取り組んでいました。

  

<研修者の声>
・現状を知ることで生徒に何を伝えるべきかが見えた。学校で何ができるが考えたい。
・具体的な例示で指導するポイントをわかりやすく教える方法を学べてとてもよかった。大人も学び続けて子どもに教えなければいけないと思った。
・校種が違う先生方と話し合い、それぞれの学校の課題を知り、それに対する改善策作りも様々な意見を聞くことができためになりました。できることから実践していきたいと思います。
・「価値観や考えは人それぞれ異なる」ということを説明するよりも、今日のワークショップやルール作りを通して、自分たちで分からせた方が効果的だと思う。学校でぜひやってみたい。

【専門研修】校務処理に生かす表計算(関数)講座

 6月29日(金)、教育センターを会場に「校務に生かす表計算(関数)講座」が実施されました。県内各地から28名(小学校6名、中学校7名、高等学校14名、特別支援学校1名)の先生方が受講されました。Excel2016の関数に関する実践的な研修として、SUM、AVERAGEといった基本的な関数をはじめ、VLOOKUP、COUNTIF、SAMIFなど校務処理に役立てられる関数についての演習を行いました。絶対参照や条件付き書式など、1つ1つ確認しながら熱心に取り組まれていました。

  

<研修者の声>
・関数に関して、少し詳しくなることができました。また、校務処理のスピード化にもなりそうです。受講して
 よかったです。
・初歩的なことをおろそかにせずに教えていただけたので、スキルがしっかり定着したと確信しています。職員
 室でいつもPC操作の質問を受けるので、少し自信を持って対応できそうです。
・基本の確認から自分にとって新しい関数を学ぶことができ、ためになりました。学んだことをきちんと校務に活
 かしていきたいです。

 

【専門研修】実習助手のための理科観察・実験講座

 6月18日(月)・19日(火)の2日間、教育センターを会場に「実習助手のための理科観察・実験講座」が実施されました。県内各地から11名(高等学校11名)の先生方が受講されました。
 研修では、物理・化学・生物・地学の各分野の「基本的な観察・実験の指導法」について講義・演習が行われました。

  

<研修者の声>
・新しい学習指導要領の背景を知り、理科教育の充実を図ることの大切さが分かりました。
・立体等圧線天気図の製作は、実際に手を動かして製作し、実感できてとてもよかった。
・短い限られた時間の中で、力学・電気・波の三分野の中から二つずつ実験を体験できてよかった