所長挨拶

「ふくしまの教育の向上・発展を目指して」


 本県の子どもたちが、豊かな人間性、社会性を身につけ、活力に満ち、社会に貢献しながら自立して人生を切り拓いていくための「確かな学力」と「健やかな体」を持つ、創造力にあふれた「こころ豊かなたくましい人」に育ってほしいという「想い」は、本県教職員のみならず、県民の方々と共有すべき「想い」であります。
 福島県教育委員会では、第6次福島県総合教育計画(2013~2020年度)の後半4年間の取組を加速させるべく、教育政策の方向性と必要な主要施策を厳選して打ち出した「頑張る学校応援プラン」において、本県の強みや課題等に応じた有効な手だてとして五つの主要施策を掲げ、ふくしまの復興を支え、共に歩んでいく人づくりを進めております。また、教員等が高度専門職としての職責、経験及び適性に応じて身に付けるべき資質を明確にした「校長及び教員としての資質の向上に関する指標」を策定し、教職員が研修を通じ、自らを省察しながら資質の向上を図り、より高い自立心と倫理観をもち、専門性を高め、実践的指導力を向上させることととしています。
 当教育センターでは、新学習指導要領や福島県教育委員会の重点施策等を踏まえながら、教育の振興及び充実を図り、教職員の資質能力の向上と学校の活性化に資するよう、
 1 教職員のキャリアに応じた基本的・専門的研修や研究の支援
 2 今日的な教育課題に対する調査・研究の推進
 3 教育相談・情報教育の充実、教育情報の収集・発信の推進
 4 教職員の研修機会拡大のための支援
等に務め、学校教育を総合的に支援し、復興・再生を目指す本県教育の向上・発展に寄与することを目標に、本年度も様々な事業に取り組んでまいります。
 本年度も、御理解、御協力のほど、よろしくお願いいたします。

 


2019年4月

福島県教育センター所長 渡辺 惣吾