所長挨拶

 福島県教育センターは、福島県教育研究所及び福島県理科教育センターの流れを受け、昭和46年(1971年)4月に設置され、本県教育の振興及び充実を図るために、様々な事業を行っています。

 福島県教育委員会では、第7次福島県総合教育計画の策定に向け検討を進めるとともに、切れ目なく施策を展開するため、教育政策の方向性と必要な主要施策を厳選して打ち出した「頑張る学校応援プラン~ふくしまの挑戦と戦略~」の取り組みを1年間延長しました。本県の強みや課題等に応じた有効な手だてとして5つの主要施策を掲げ、ふくしまの復興を支え、共に歩んでいく人づくりを進めています。
 また、教員等が高度専門職としての職責、経験、適性に応じて身に付けるべき資質を明確化した「校長及び教員としての資質の向上に関する指標」を策定し、指標に基づく体系的かつ効果的な研修を通じ、本県教員等が自らを省察しながら資質能力、実践的指導力の向上を図ることとしています。

 当教育センターでは、福島県教育委員会の重点施策等を踏まえながら、新学習指導要領への対応や、GIGAスクール構想に伴う学校教育でのICT活用の促進等、学校現場が抱える課題の解決につながる教職員の資質能力の向上や学校の活性化に資するよう、
 1 教職員のキャリアに応じた基本的・専門的研修や研究の支援
 2 今日的な教育課題に対する調査・研究の推進
 3 教育相談・情報教育の充実、教育情報の収集・発信の推進
 4 教職員の研修機会拡大のための支援
等に努め、学校教育を総合的に支援し、本年度も様々な事業に取り組んでまいります。

 本年度も昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症対策のため、研修の日程や実施形態を変更する場合がありますが、出来うる限り充実した研修が実施できるよう、皆さんと力を合わせて、この困難を乗り越えていきたいと考えております。

 本年度も、県教育センターの事業につきまして、より一層の御理解、御協力をよろしくお願いいたします。

                      令和3年4月
                       福島県教育センター所長 佐藤 秀美