新着情報
教育センターの今
 9月5日(水)に、教育センターにおいて「授業力向上のためのICT活用基礎講座(義務系)」が開催され、県内各地から11名(小学校7名、中学校4名)の先生方が受講されました。 ICT機器や授業に役立つアプリの基本的な操作について、実際にタブレット端末とプロジェクターを使用して演習を行いました。また、授業づくりに生かせる効果的なICT活用についてワークショップ形式で意見交換を行いました。     <研修者の声>・各教科の事例を見て、ICTの良いところ、そうでないところに気づくことができた。また、グループで協議することで多面的に考えることができた。・ICT機器に苦手意識がありますが、いろいろな事例、具体的な操作法、他の先生方の様々な考え方等にふれることで、実際に授業に取り入れ試行錯誤しながら慣れていきたいと思いました。・機器の操作方法や活用方法などを再確認でき、授業でのICT活用の幅が広がったので、とても勉強になりました。
 工事のため、2018年9月より研修者用駐車場が変更になります。 詳しくは駐車場案内図(2018年9月以降).pdfをご覧ください。
 8月23日(木)に、教育センターにおいて「グループウェアで活用するG Suite実践講座」が開催され、県内各地から24名(小学校2名、中学校1名、高等学校19名、特別支援学校2名)の先生方が受講されました。 G SuiteのアプリであるClassroomやカレンダー、ドライブ、フォームなどの活用方法を学び、それぞれのコンテンツをまとめたグループウェアサイトの構築を行いました。G Suiteを活用した各校の校務の効率化につながる、充実した研修となりました。    <研修者の声>・G Suiteの特徴やClassroom等の有効なアプリの使い方を理解することができ、より校務を効率的に進めるためのヒントをいただけました。・G Suiteを活用することで、幅広い分野において効果を期待できると感じました。・漠然と様々な機能があることは知っていたが、具体的な設定方法や設定上の注意点が分かった。
 8月9日(木)、教育センターにおいて、小学校外国語活動講座が行われました。県内から23名の小学校の先生方が参加されました。国見町立国見小学校の阿部淳子先生と国見町教育委員会英語特別講師のオスタフィエブ由香先生によるティームティーチングの模擬授業を通して、ALTとの連携や授業の実際について授業力を高めました。   午後から青山学院大学教授のアレン玉井光江先生を講師にお招きし「外国語活動・外国語における効果的な指導の在り方」と題して、児童へのリタラシー教育と新教材の活用方法について研修を行いました。教室ですぐに活用できるアイディア豊富な講義でした。
  8月18日(土)、教育センターを会場に「子どものためのワークショップ ロボット講座」を行いました。県内の小中学生とその保護者26名が参加し、LEGO mindstorms EV3を使って、自走式のロボットを組み立てたり、試行錯誤してプログラムを作成したりしながら、ロボット制御の基礎を学びました。今年度も福島県情報産業協会の方々にお手伝いいただき、親子で楽しみながらプログラミングを学ぶ講習会となりました。