教育センターの今

高等学校初任者研修 二次研修の変更について

新型コロナウイルス感染症対策のため、高等学校初任者研修 二次研修の期日及び実施形態を変更します。
詳細は、研修講座要項のページを確認してください。

なお、当センターをご利用の際は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、次の3点をお願いいたします。
1 健康チェックシートの提出
2 マスクの着用
3 来所時の手洗い
詳しくは、こちらを御覧ください。

令和2年度小学校外国語活動・外国語科講座

 令和2年度の小学校外国語活動・外国語科講座が県内6会場で実施されました。本講座は、外国語(活動)を担当している教員または今後担当する教員を対象にし、新教材や教科書の活用の仕方や練習および言語活動の行い方を演習を通して理解を深めることを目的として開催しました。本来は年度初めに実施をし、研修したことを年間を通じて授業で積極的に活用してもらうことを意図しておりました。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために5管内の実施が秋に延期されました。実施状況は次の通りでした。

〔県 南〕 令和2年 6月24日(水) 白河合同庁舎      参加者25名

〔相 双〕 令和2年10月 9日(金) かしま交流センター   参加者10名

〔県 中〕 令和2年10月15日(木) 郡山市労働福祉会館   参加者29名

 

〔南会津〕 令和2年10月21日(水) 只見町明和振興センター 参加者10名

〔会 津〕 令和2年11月17日(火) 湯川村公民館      参加者26名

〔県 北〕 令和2年11月24日(火) 福島県教育センター   参加者51名

 総勢151名の希望された先生方に参加していただきました。ありがとうございました。 

 研修では、まず初めに、外国語の学習が効果的で効率的に進む順序について確認し、単元の学習や45分の学習の流れをつかみました。「聞くこと」の段階には2つのステージがあることを踏まえて、それぞれ児童役になって学習を体験したり、教師役として「聞くこと」の活動の行い方を教科書を使って演習を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、練習と言語活動の違いについて再確認をし、練習と言語活動の往還のさせ方について学びました。そして、言語活動について体験をしたり、「話すこと」の練習において、学習する表現を教師が使って示す方法と児童に使わせる方法について教科書を活用して演習を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に言語活動における目的や場面、状況などの設定の仕方のコツを学び、日々教えている児童の実態に即した言語活動づくりを行いました。コミュニケーションを行うことで達成される目的、コミュニケーションを行う相手、英語を使用する必然性などをじっくりと時間をかけて考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学校や地域らしさ溢れるオリジナルの目的や場面、状況が数多く生み出されました。児童に提示する場面を想定して模擬授業形式で学年ごとに一人ずつ全員が行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修者の声

・英語で授業をやらなくてはという気負いがどこかにあったので、自分も子供も一緒に学んでいき成長していければいいのかなという気持ちになりました。間違いを恐れず、どんどんチャレンジしていきたいと思います。(県南)

・どのようなことを伝えるか、尋ねるかを児童に考えさせることを明日から早速やってみます。大切なことばかりであっという間でとても充実していました。もっと研修の時間が欲しい・・・と思いました。(県南)

・「間違ってもいいよ」と言いながら間違わせないようにとする自分の授業に気づかされました。その原因は練習→発表という指導の流れから離れられなかったからです。言語活動と練習を往還することで表現力がブラッシュアップされていくことを知りとても勉強になりました。(相双)

・教師役、児童役になっての演習では教師としてどのような言葉かけ、話の仕方、発問の仕方、賞賛の言葉があるのかよくわかりました。また、児童役になったことですぐに応えられない緊張感や不安感を体験しとても実用的な研修でした。(相双)

・言語活動と練習の違いがはっきりとわかりました。目的や場面、状況を伴った課題を設定すれば、思考力・判断力・表現力を発揮させることができるということは課題の設定がとても大切だと痛感した。(県中)

・言語活動を目的や場面と相手を踏まえて設定する方法が今まで曖昧だったのですが、この研修で実際のUnitで活動を考え他の先生方と共有したおかげで課題設定の仕方を多面的に理解することができました。模擬授業のように演習したことですぐに自校でも取り組めます。(県中)

・実際に教師役や児童役に分かれて演習を行うことで、より実践的な研修をすることができました。明日からの授業実践に生かしたいと思います。(南会津)

・言語活動の手目や場面、状況の設定の仕方について詳しく知ることができてよかったです。外国語はコミュニケーションの手段であって単なる言語表現にとどまるものではないと痛感しました。コミュニケーションする相手を知り、つながりたいという子どもたちの要求に応えられるようにしようと思いました。(南会津)

・日々わからないことばかりで手さぐりで授業をしている教科でしたので、今日の講座はとても勉強になりました。何を大切に進めていけばよいのかがよくわかりました。将来に生きる英語力をつけることができるよう、また、英語を話したいと思う子どもたちが増えるよう授業をしていきたいと思いました。(会津)

・英語で話せないからコミュニケーションをとらない、英語を話さない、ではなく、知っている単語を使って簡単でもよいから何とか伝えるという経験を積み重ねることが大切であることをこの研修で学ぶことができた。教師も学習者として学んでいきたい。(会津)

・言語活動を中心に外国語活動や外国語の授業を進めることをわかっているつもりでしたが、実際には表現形式について指定した練習になっていることが多かったことに気づかされました。自分には指導のパターンがあり同じになってしまいがちでしたが実際に指導法を体験し様々な展開があることを体感できました。(県北)

・教師が台本を提示したり 使う表現を指定したりすることは練習であって言語活動ではないことがわかりました。児童一人一人にコミュニケーションを促す活動の進め方や思考・判断・表現を引き出す課題の設定など勉強になりました。これまで外国語の授業がある日は気が重かったのですが次の授業が楽しみになりました。(県北)

 

 

福島県教育研究発表会参加者の皆様へ(アンケートのお願い)

福島県教育研究発表会参加者の皆様に、今後の本研究会の参考とするためアンケートへのご協力をお願いいたします。
ご協力いただける方は、下記リンクより回答をお願いいたします。
<回答期間>
令和2年11月26日(木)~12月3日(木)

リンク: アンケート回答ページ

専門研修(2月4日~5日開催)の変更について

新型コロナウイルス感染症対策のため、以下の研修について変更をします。
詳細は、研修講座要項のページを確認してください。

【日程を変更する講座】
B02 学校教育相談実践講座

 なお、当センターをご利用の際は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、次の3点をお願いいたします。
1 健康チェックシートの提出
2 マスクの着用
3 来所時の手洗い
詳しくは、こちらを御覧ください。

【専門研修】授業力向上のためのICT活用基礎講座(義務系)

 11月11日(水)に、教育センターにおいて「授業力向上のためのICT活用基礎講座(義務系)」が開催され、県内各地から21名(小学校10名、中学校11名)の先生方が受講されました。

 ICT機器や授業に役立つアプリの基本的な操作について、実際にタブレット端末とプロジェクターを使用して演習を行いました。自治体によってICT機器の環境は様々ですが、今ある環境の中で、できることを考えながら研修に臨まれていました。

 また、授業づくりに生かせる効果的なICT活用について、ワークショップ形式で意見交換を行いました。実際に授業構想案を作成し、ICTの効果的な活用場面や留意点を共有することができました。そして、「何を映すか?」「どう映すか?」「どう話すか?」を考え、授業をデザインすることができました。

   

<研修者の声>

・ICT活用の必要性や、メリット・デメリットについて改めて考えることができました。活用の基礎を身に付け、教科の目標を達成するための手段として活用を図りたいです。

・実際の授業で活用している場面を見ることで、課題や成果がよく分かり、とても勉強になりました。使い方や必要性をよく考えて活用したいと思います。

・これまでもICTを活用して授業をしてきたと自負していましたが、今日受講したことで、今まで思いもしなかった活用の仕方や、アプリ等の便利な使い方に気付くことができました。本校の先生方にどんどん紹介していきたいと思います。

・ICTの活用事例を複数見せていただいたり、グループ協議を行ったりしたことで、授業におけるICTの効果的な活用方法について整理することができました。自分では効果的だと思う使い方でも、先生方によっては異なる視点を持っており勉強になりました。学校で使う際にも、教科内だけでなく、教科外の先生方からご意見いただくなど、活用の仕方について多くの先生と協議することが大切だと感じました。